先日、無事に終了したフラホイケ(発表会)開催に向けてチーム内で実行委員を作り
私も実行委員の一人としてパンフレットを制作を担当しました

デザインは私が作成(=無料)し、印刷をどこか安いとこでと考え
今はやりのネットプリントのラクスルに初挑戦!


私自身、一応同業者(プロ?!)なので、制作業務の一通りのことは知ってるけど
そんな私からしてもラスクルさんの値段は



かなーり安い!



あまりにも安すぎて不安になるぐらい、、、


結論から言うと、安くても品質も大満足の仕上がりで、
注文前の不安は皆無でした 笑


これからラスクルを使ってみようかなって人の参考になるように
注文から納品までの流れをまとめてみます!


◼︎パンフレット仕様


A4サイズ/8ページ、中綴じ、マットコート90㎏、100部
(データはInDesignで作成、入稿はPDF)


おそらく、印刷の知識がないと紙質が1番悩んでしまうとこだと思うのですが、不安な場合はサンプルを見るのが1番だと思います。

紙質(光沢があるのか、ツヤ消しなのか、紙の厚みはどれぐらいなのか、、)を、
どんな紙を選ぶかによって出来上がりイメージが違ってくるのでここは慎重に選ぶべきです。

「出来上がった印刷物を見てがっかりしてしまった」というのは、紙の選択を失敗してるような気がします。
それぐらい紙選びは重要なのです!
※私は今回はマットコート(つや消し)の90kg(コピー用紙ぐらいの紙の厚さ)を選択

ラスクルで注文する場合、紙質をアドバイスしてくれる人がいないのがマイナスポイント。


◼︎印刷料金

料金は同じ仕様でも納期によって変わってきます。
私の注文した仕様の場合、受付から2日後出荷だと32,830円ですが、
受付から8日後出荷だと5,210円のなんと 約6分の1の値段!!

もちろん、8日後出荷の最安値で注文しました!

ここで注意しなければいけないのは、受付=データチェック後ということ

入稿したデータをちぇっくしてもらい印刷OKがでてからが出荷までのカウントダウンになるので、
不備のない印刷データ作りをしなければ、どんどん納品までの時間がかかってしまうので要注意です。


◼︎データ入稿(データチェック)

仕様を決めてラスクルに注文をして、決済まで完了したらデータを入稿します。
8ページのパンフレットを作りましたが、ページ順番に間違いがないか、フチなし印刷の場合のフチの作り、カラーモードはCMYKで作られてるのか、、、等、印刷に適したデータで作られてるかどうかをチェックしてもらいます。
ここで不備があったら再入稿(やり直し)になってしまい、納期が伸びてしまいます。
私はすぐにデータチェックをしてもらい出荷日を確定させたかったので、データチェックのお急ぎ便(プラス1000円)にしました。
会員登録をした時に500円クーポンをもらったので、実質は500円の課金ですぐにデータチェックをしてもらえます。

お急ぎ便にしないとデータ確定日が不安定で、出荷日が思い通りにならないので要注意です!



◼︎配送について

予定通りにデータチェックまで終えて出荷日を確定するところまでできたので、後は出荷連絡を待つのみとなってましたが、ここでまた1つ不安要素。

配送業者がどこになるのかがはっきりしてない!!
ラクスルのサイト内にもどこの業者を使うかは都合によって変わるとしか書いてない、、、

クロネコヤマトか郵便局ならいいけど、その他の配送業者だったら融通が聞かないので不安でした。
しかも、送料が無料なので、コストダウンのために船便だったらどうしよう、、、と不安で。








クロネコヤマトで届きましたー!

ここで1つ問題が、、、

ラクスルから出荷しましたメールが届き、ヤマトの配送ページでお届け予定日をチェックすると、

なんと出荷日から5日後の指定出荷!

さすがに時間かかりすぎ!!もちろん引き取り日時を変更しました。
なぜあんな変な日時指定だったのかすっごく不可解です。。




できあがりのパンフレットは大満足!




注意するところをしっかり押さえて、自分の予定通り印刷まで進めることができるのなら、
ラスクルの値段は相場よりもかなり安くて魅力的です!

印刷の知識がなく不備があるデータを入稿してしまうと納期が伸びてしまうし、用途やデザイン、イメージに合わせた紙の選定をしないと満足な仕上がりにならないかもしれないところが要注意ポイントです。

私が使ってみた感想は、クチコミの評判と違いラスクルにメールで問い合わせをしてもレスポンス良く帰ってくるし、値段も魅力的でまた機会があれば使いたいぐらい!

とは言っても、データ作成も初めてで印刷の知識もなく不安な気持ちがあったり、こだわりがあるパンフレットを作りたいと思うのならば、やっぱり対面のお店(または印刷会社)に注文をして、自分の思いをぶつけて作る方が満足できるものが作れると思います。

スポンサードリンク

コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。